ピン留めしたコメントを晒し上げられるわんコメの配布テンプレート【pinned-sarashiage】

pinned-sarashiage わんコメ テンプレート テンプレート
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

今回は以前のShadow Corridor 2 雨ノ四葩風のテンプレに続き、わんコメ公式サイトで配布されている「ピン留め用テンプレート」とプリインストールの「retro」テンプレートをベースとした、わんコメでピン留めしたコメントを固定表示するテンプレートの第二弾です。

第一弾は、ゲームの部屋番号を固定表示させるテンプレで、配信者のコメントを固定する目的向けでしたが、今回はリスナーのコメントを固定する目的メインです。

pinned-sarashiage」についてよくご確認の上、ご利用をお願いいたします。

ピン留めコメントがない状態では、なんの表示もされません。
スポンサーリンク

pinned-sarashiageとは

pinned-sarashiage」は、わんコメのテンプレートとして動作し、ピン留めを行うことで動作するテンプレートになっています。

ピン留めは、わんコメ本体にある機能であるため、使い方はわんコメのドキュメントをご確認いただけます。

晒し上げ」なんて物騒な名前にはなっていますが、単純に雑談配信で現在トークテーマにしているコメントをピン留めし、あとから来た方へわかりやすく表示も可能です、

簡単な動作状況は、以下の動画をご確認ください。

\動画準備中/

更新情報

1.0.0 公開版(2024/04/14)

CSS設計完全ガイド ~詳細解説+実践的モジュール集
技術評論社
¥3,608(2024/05/21 19:43時点)
CSSのさまざまな設計手法を紹介しつつ、考え方や実践のポイントを明確化します。そのうえでボタン、ラベル、カード、テーブル…といったウェブの定番的なモジュールを網羅的に取り上げ、さらにはそれらの組み合わせ方まで、実践的なコードを紹介します。

ご利用条件

「pinned-sarashiage」テンプレートご利用にあたっては、以下の条件に同意できる方のみご利用をお願いいたします。

  • 再配布をしないこと
  • (再配布を伴わないご自身でのカスタマイズ利用は自由です)

  • 自作等のご自身で作成されたものと誤解される発言をなさらないこと
  • ご自身でカスタマイズされた場合にも配布をなさらないこと
  • いかなる問題が生じた場合にも当方が責任を負うものではないことをご理解いただくこと
  • 直接のダウンロードリンク(直リンク)を公開しないこと

再配布は禁止とさせていただくため、テンプレートをご友人や企業間などいかなる場合でも、配布はなさらないようお願いいたします。

テンプレートは直接配布なさらず、必ず当ページからダウンロードしていただきたいです。

また、ダウンロード用のリンク(直リンク)は公開なさらないようにご紹介をお願いいたします。

概要欄などで、このテンプレートを使っている表記やダウンロード元の記載(いわゆるクレジット表記)をする必要はありません。
それでも、書いてくれたり使ってみた感想をいただけると喜びます。

ダウンロード

ダウンロードにあたっては、ご利用条件の確認をいただいた上で、同意できる方のみご利用をお願いいたします。

ちょくちょくアップデートされる可能性があるため、このページをブックマークされるか、ツイッター(X)をフォローいただくのをおすすめ!
動作におかしな点がありましたら、ページ下部にあるコメント欄作者のTwitter(X)にお知らせいただけると嬉しいです。

通常版
pinned-sarashiage 1.0.0ダウンロード

ダウンロードしましたら、わんコメのテンプレートフォルダに入れてください。

動作確認は、わんコメ5.2βバージョンにて行われています。

わんコメバージョン4.Xまでとバージョン5.0以降では、カスタムテンプレートを入れるフォルダが異なるため、注意が必要です。

テンプレートの情報

ベーステンプレートとして、わんコメ公式サイトで配布されている、カスタマイズ向けの「ピン留め用テンプレート」が使われています。

「pinned-sarashiage」テンプレートは無料でご利用いただけますが、ご利用条件にあるとおりの利用や紹介をしてください。

背景は虹色に設定してあり、配信画面へ固定表示したときに目立つよう設計しました。

pinned-sarashiage わんコメ テンプレート

アイコン(アバター)は反時計回りに回転し、コメントをした方をより強調します。

リスナーへのツッコミとして「こんなコメントされた!」という晒し上げにはもちろん、雑談配信のトークテーマを固定するためにも使えるため、配信サイト側での固定表示とは別に使えるメリットがあります。

配信サイト側では配信者としての注意事項、ピン留めテンプレではトークテーマといった使い分けができるため、使いやすい設計にしました。

ピン留めの仕様上、コメントクリアを行ってもピン留めを解除するもしくはわんコメを再起動するまでは、ピン留めしたコメントは解除されませんので、ピン留めの必要がなくなったときには解除を忘れないようにして配信に臨んでください。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました