AmazonアソシエイトのPA-APIを使う!厳しくなったPA-APIと使えない場合の対処方法

お金business
この記事は約9分で読めます。

2019年01月23日に規約変更が実施され、ますますアフィリエイターにとって利用が難しくなったAmazonアソシエイト・プログラムのPA-API(Product Advertising API)。

規約変更後に「使えなくなった!」という方もいるようですね。

このサイトではいまのところ無事に使えているのですが、いつ使えなくなるのかビクビクものです。

PA-APIを使ったAmazonの商品リンクは便利で、アフィリエイトで紹介をするときにも便利なのですが、使えなくなると死活問題でもあります。

一部では「厳しくなった」という声も上がっているようですが本当なのか、そしてもしも使えなくなったらどう対処すればいいのか、ジャム君のメモ代わりにもしておきましょう。

記載の方法は、記事公開時点で利用可能な機能・方法です。
将来的に使い続けられる保証はありません。
スポンサーリンク

PA-APIの規約変更はさほど厳しくない

2019年01月23日に実施されたPA-APIの規約変更は、思っているほど厳しいものではありません。

変更内容について
Product Advertising API (以下PA-API)ではこれまで全てのお客様に初期状態にて1秒間に1リクエストのサービス提供をしてまいりました。
2019年01月23日よりこの条件を変更し、過去30日以内の発送済み売上商品が発生している場合、1日のリクエスト上限を8,640リクエストとし、追加の日次リクエスト可能数の上限を毎日動的に変更する下記仕様といたします。

  • 初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間)
  • PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加
  • 1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000リクエスト

売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始はできません。
また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。

なお 、Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用についても、先に挙げた条件が適用となり、売上実績が必要となります。

引用:Amazonアソシエイト・セントラル ヘルプページ

要は、今まで初期状態で最大1秒間に1リクエスト(1日86,400リクエスト)だったのが、規約改定後には初期状態だと1日最大8,640リクエスト1/10しか参照できなくなるというもの。

またAPI利用開始から60日をすぎると、売上に応じて最大のリクエスト数が変動するため、PA-API経由での売上がないサイトだと、PA-APIを利用したリクエストができなくなる恐れが出てきます。

さほど厳しくない理由とは

さほど厳しくないというのは、ブログを始めたてではなく、ある程度の読者さんがついているブログの持ち主さんですね。

リピーター様はもちろん、初訪問の方が多いブログでも構いません。

欲を言えば、Amazonアソシエイトの規約改定前から売上があるサイトだと、申し分ないでしょう。

さほど厳しくない」と言えるのは、改定された利用規約に

PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加

という一文があるからです。

そうなんです、「紹介料」ではなく「商品売上」で$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエストなんです。

要はPA-API 1リクエストの単価が、AmazonのPA-API経由商品売上で5円。

1,000円の商品が売れたのであれば、単純計算で200リクエストできるということになります。

大量に商品を紹介しており、1日に何度もリクエスト(更新含む)を必要とするようなサイトを運営していないのであれば、結構簡単に運営に必要なリクエスト数はクリアーできる気になりませんか?

ただし、制約が少なく初心者ブロガーでも入って行きやすかった規約と比べてしまうと、「厳しくなった」感は出てしまいますね。

1秒間に1リクエストできる、1日86,400リクエストを目指すとなると、PA-API経由での売上が約432,000円必要になってしまいます。

うちのように売上が少ないサイトだと、過去30日で更新に最低限必要なリクエスト数を稼いでおければ十分、という考えに至ってしまうほどですね。

[PR]

いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意
秀和システム
¥1,836(2019/09/13 02:16時点)
【アフィリエイトブログで夢を叶える】夢を叶える人生のために、好きを仕事にするためのブログを書き方、目的や意味、そしてマインドの持ち方まで、アフィリエイトブログで夢をつかんだ亀山ルカと染谷昌利だから書ける極意満載!

そもそもPA-APIとは

PA-APIというのは、WordPressのテーマにCocoonを利用しているうちのノベルゲーム開発所だと、先ほどもあったこのようなもの。

いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意
秀和システム
¥1,836(2019/09/13 02:16時点)
【アフィリエイトブログで夢を叶える】夢を叶える人生のために、好きを仕事にするためのブログを書き方、目的や意味、そしてマインドの持ち方まで、アフィリエイトブログで夢をつかんだ亀山ルカと染谷昌利だから書ける極意満載!

これはAmazonから画像や値段の情報を持ってきているため、PA-APIが使えないとエラーになってしまいます。

そういったときには、楽天市場から同等の商品を探すことになりますね。もしくは諦めて放置……

ただPA-APIのコール数(売上)が上がればリクエストができるようになりますので、Amazonアソシエイトの商品を扱っているアフィリエイターであるならば、チェックは必須とも言えるでしょう。

Cocoonはその点充実しており、使いやすい無料テーマですよ。

PA-APIが使える場合に施したいテクニック

PA-APIがいまのところ使えるのであれば、もし過去30日に売上がなくなってしまい、エラーを吐いてしまっても大丈夫なよう、「テキストリンク(文字リンク)」を活用しましょう。

たとえば先ほどの商品を紹介したいのであれば、「いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意」といったリンクが作成できます。

PA-APIで作成した「PA-API経由の売上になるリンク」のリンクのコピーを使い、本文中に入れ込むわけですね。

そうするとPA-APIで呼び出している商品リンクが見えなくなってしまっても、テキストリンクは生きており、文字リンクからの購入はPA-API経由での売上となるため、売上貢献かつPA-APIリクエスト追加への貢献になってくれるというわけです。

PA-APIで出力しているURLは、すでに公開している画面から見えているはず(コピーできるはず)ですので、大量にページがあると更新するのは面倒でしょうか。

もちろん本文に自然と溶け込んでいる形でリンクになっていないと警戒されるだけですので、挿入方法には工夫が必要でしょう。

とくに激安でライターさんに大量発注しているようなサイトの場合、納品時の品質にもバラつきが出やすいので、苦労しやすいかもしれませんね。

ほかにもCocoonにあるような機能だと「Amazon」「楽天」といったボタンを検索ではなく商品直接リンクに設定し、PA-API経由での売上になるよう設定することもできます。

使っているプラグインやツールによっても設定は異なるので、細かな設定やカスタマイズは、全部解説しきれません。

PA-APIがもう使えない場合のテクニック

PA-APIがすでに使えなくなってしまったら?

ここまで来ると、ジャム君も実体験がないのであくまでも「計上されるであろう」という予想になってしまうのですが……

Amazonアソシエイトツールバーを使う

というのが楽だと思われます。

こんなのも使えますし、テキストリンクも簡単に作ることができます。

Amazonからのアナウンスでは、再度PA-APIを使えるようにするには「売上実績」が必要とのことですので、このような手段を用いるしか売上を作ることはできません。

諦めてAmazonアソシエイトから撤退する、という決断も一つでしょうね。

PA-APIが使えなくならないための防衛策

PA-APIが使えなくなってしまわないための防衛策としてできるのは、WordPressのテーマがCocoonならば、売上や貼り付けているAmazonのリンク数にもよって、「キャッシュ」を保持してPA-APIを呼び出さないことですね。

デメリットとして、キャッシュを保持している期間が長いほど、値段表示もさせているのであれば、古いままの情報が表示されてしまいます。

メリットは、過去30日で売上ゼロになってしまい、本来PA-APIが使えなくなっていても、キャッシュしている間はドーンと表示を続けることができるところです。

ほかには、WordPressのプラグインを使っているとやってしまいがちなのですが、商品検索をプラグイン任せにして、ムダにPA-APIをコールしないことです。

アフィリエイト用に関連する商品を探しつつ、よさそうな商品があれば記事に挿入できるというのはメリットなのですが、商品の検索などAmazonの公式サイトで済ませれば十分!

ムダにPA-APIをコールしてゴリゴリ削ってしまうならば、実際商品を表示させるために使ってあげましょう。

あとは、やたらに商品を紹介している割には、売上が少ない場合ですね。

せっかく売れそうな商品まで表示できなくなる原因となるため、広告ベッタベタ状態と同じく、PA-API必須となるAmazonアソシエイトの商品引用も控えましょう。

テキストリンクにしておけば、画像や値段といったものは表示できませんが、PA-API呼び出し不能に怯える必要が大幅に減りますしね。

[PR]

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64
ソーテック社
¥2,138(2019/09/13 02:16時点)
本書は「集客」と「成約」を目的とした「Webライティング」の本です。Webサイトの企画・設計・改善方法について、「文章術」「ライティング」の面から徹底解説しています。

Amazonアソシエイトの規約変更は面倒だが対処方法はあった

Amazonアソシエイトで実施された規約変更は、売上が少ないほど面倒なのですが、対処方法はあります。

一番効果的なのはキャッシュですね。

そんな機能を搭載したWordPressのテーマを無料で公開しているとは、おみそれいたします。

ユーザー間交流やサポート体制も素晴らしいものがありますし、ジャム君だったら販売するレベルですね!(笑)

おおよそ売上金額に対し1リクエストあたり5円の単価だと考えると、PA-APIのリンクさえ作ってしまえば、意外と簡単に達成できるケースもあるはず。

せっかく売上があるのに、PA-API以外の売上になってしまい制限を受けそうな方は、ぜひ実践してくださいね!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました