ノベルゲーム制作者にサーバーは本当に必要?収支の計算をしてみる

ジャム君 other
この記事は約7分で読めます。

先日、「ねんがんの ぐぅぐる あどせんす に ごうかく した」とお話していたジャム君です。

2017年10月Google AdSenseに通過した時のお話!制作者の資金集めになるのか?
どうも、ジャム君です。 このブログを立ち上げ、ノベルゲーム制作に関わるお話しを始めたのが2017年10月14日のこと。 そして、あの有名なGoogle AdSenseから合格の通知が来たのが、10月31日もうすぐ日付が変わるよう...

Google AdSenseの審査は、年々厳しくなっているようですし、合格していてもいわゆるBANもあるそうです。

もしもBANされてしまったら、その月に何十万稼いでいようとパーです。

まあ、そんなに稼げるサイトになれれば、のお話ですが。

スポンサーリンク

ノベルゲーム制作にサーバーを借りる必要性

ジャム君は、さくらインターネットの共有サーバーからエックスサーバーの共有サーバーに移転しながらも、サーバーを借りています。

いつ潰れるかわからないオンボロ君なので、安くなることも多い一括払いにはしてません

ジャム君の借りている、借りていたプランだと、さくらインターネットならば月額500円、エックスサーバーならば月額1,200円だいたい必要になります。

サーバーを借りて元が取れるのか、ってお話なんですよね。

作品を公開するだけでも元は取れる

最初にGoogle AdSenseという広告のお話をしましたが、ノベルゲームの制作者としてサーバーを借りるのであれば、作品を公開するだけでも十分に元は取れます!

「無料のブログでも公開できるんじゃ?」

そうですね、ある程度はできるはずです。

ただ、公開できるファイルの大きさや種類に限度があったり、見た目もただの日記帳風のものが多く、あまりおすすめはしません。

最初にとりあえずは持ってみる、ホームページの作り方を学んでみる、ということでしたら、十分な価値はありますけどね。

作品の公開だけでもいい理由

前々から話してはいますが、駆け出しのノベルゲーム作者が作ったゲームなど、正直なところ知ってもらうことから始めないとどんなにいいゲームでも広まっていきません。

SNSや即売会などでアピールできる機会はありますが、そこでせっかく興味を持ってもらえても、情報がポツポツしか流れてこなかったら、もったいないです。

ゲーム名で検索してみてもノーヒットなんて、悲しすぎるでしょう?

ジャム君がいま作っている24時間の逃亡生活だって、知れ渡っているとは言い難いですが、こうやって記事を書いていることでたまたまであろうと検索画面で目にとまり、知ってもらえる可能性はあるわけです。

新規ユーザーの獲得も兼ねている、というわけですね!

当然、ゲームの名前やサークル名で検索すれば検索上位にランクインはしやすく、お目当てのサイトとして見てもらえる可能性はずっと高まります。

つまり、新規ユーザーだけでなく前々からのユーザーにも優しい、というメリットが秘められています。


有料サーバーである必要性

では、なぜ無料のサービスではなく有料サーバーをわざわざ借りるのか。

それは、大量の画像や動画も扱いやすいからです。
もちろん、自身のサイトにゲームを設置することも容易です。

さらに費用はかかってしまいますが、独自ドメインで自分のサークル名や作品名のドメインを取得すれば、サイトは更に強くなります。

だって、[XXX(作品名).YYY(無料サービス名).com]より[XXX(作品名).com]の方がスマートですし、覚えてもらいやすいでしょ?

無料サービスでもこの独自ドメインを利用できるところもありますが、機能制限は有料サービスの比ではありません。

お試し、お勉強用に無料サービスを使うのはいいですが、長期目線で考えるのならば、やはり有料サーバーで快適な環境を求めるべきだと思います。

金銭面的な負担はどうなるのか

ジャム君がいま使っているエックスサーバーだと、3か月ごとの更新で1,200円ほどかかります。

また、初回だけですが契約時に初期費用として、3,000円ほど取られます。

つまり、最低でもサーバーを借りるだけで3か月分の料金として6,600円請求されるってことですね。

あ、もちろん長期契約ならもっと安いですし、サービスによっても料金は異なるので、契約前にしっかり確認してくださいね。

そんな時のアド広告

そんな時の強い味方が、最初にお話していたGoogle AdSenseのような広告です。

ジャム君がよく使っているのは、ほかにもA8.netがあります。

こういうやつですね。


ただ、これをやるだけサーバーとドメインの維持費、さらにはノベルゲーム制作費用をまかなえるのか、と思ったら甘いです。

アドセンスは貼るだけじゃ儲からない

色々なサイト見ていて、大手のサイトでも広告って出てきますよね。

ただ、あれって基本的に表示してもらうだけじゃお金はもらえないんです。

クリックしてもらってなんぼの世界なんですよね。

でも、どの広告主もお金を出して掲載しているのですから、自分のところの商品を買ってくれたり、サービスを利用してくれないなら、掲載しているサイトにお金は払いたくないわけです。

そのため、どの広告を利用するかにもよりますが、「クリックしただけじゃなく、製品(サービス)購入されたら」という決まりがあることが多いわけです。

あ、もちろん「クリックだけでOK、製品(サービス)購入あったら上乗せするよ」ってところもあります。

で、ここはノベルゲーム制作についてのサイトなわけですが、ノベルゲームにも関係なく、自分の好みでも何でもない広告が表示されててもクリックしませんね?

つまりはそういうことです。
儲かるよ、月数十万は稼いでるよ、なんてのは一握り。

最適な広告は何なのか、自分のサイトに合わせたニーズのある広告をチョイスしてこないと、大手サイトになっても広告収入は望めません。

逆に、自分のサイトに合っていたり、記事の中でニーズに合っている広告をチョイスしてこられるようになると、大手サイトになるにつれて大きな広告収入になることでしょう。

実際にどれくらい稼げているのか

実際にどれだけ稼げているのか、ジャム君の実体験ですが、先月は10円ほどでした。

10万円じゃないですよ、10JPYです。
時期的にGoogle AdSenseは含まれていないので、A8.netの金額ですね。

ただ。無料のサービスだと、「広告貼っちゃダメ~」ってところも多いですが、有料サーバーではそんな制約はありません。

そうすると、無料サービスで宣伝してればいいや、とも思えますが、それは初期段階のお話。

ある程度SNSでフォロワーさんもついてきて、ゲームの知名度も上がってきている状態ならば、サイトを見てくれている人はジャム君のサイトより確実に多いハズ!

それで、先ほどのような注意点を守って自分のサイトに合った広告を貼っていれば、収入は右肩上がり!!

捕らぬ狸の皮算用状態ではありますが、理屈としてはそういうことです。

アドセンス収入が増えていけば、サーバーと独自ドメインの維持費はまかなえますし、余ったお金はノベルゲーム制作にそっくり回すこともできるのです。

もちろん!
納税は必要になるので、ご注意あれ。

まとめ

いかがです?
収支の計算をしてみると、初期段階こそ厳しいですが、大きくなるにつれて有料のサーバーを借りていたほうが絶対的にお得と言えるのです。

広告ナッシングで、宣伝はしながら同人活動に励んでもいいと思いますけどね。

ただ!
以前はただの日記風ブログでも取れたGoogle AdSenseの配信許可も、年々厳しくなりなかなか取れない状態です。

大手で非常に使いやすいはずなんですけどね・・・

どうしてもすぐに利用したいなら、A8.netはおすすめですね。
審査のある広告も多々ありですが、即承認の広告も多く掲載されているので、自分のサイトに合った広告を選びやすいです。

縦長だったり横長だったり、広告主にもよりますが多数のサイズを用意しているところもうれしいですよ。

ほかにも似たようなサービスはありますし、扱う広告にも得手不得手がありますから、お好きなサービスを選びながら、(現/新)ユーザーへの配慮と捻出できるコストを考えてみるといいですよ。

体験期間を設けている有料サービスも多いので、その間にどう動くのか試してみるのもありですね!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました