時代はスマホでもノベルゲーム制作!ラノゲツクールの底力とは

Get it on Google Playその他
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは、ジャム君です。

ジャム君はPCでノベルゲームである「24時間の逃亡生活」を制作しているのですが、時代は進んでいるものです。

現代人のほとんどが持っているとも言われるスマートフォンで、ノベルゲームが制作できてしまうってお話なんですよ。

「スマホなんて持ってねぇ、持たねぇ! ファッキュー!!」

って方は、PCで作りましょう(笑)

スポンサーリンク

本当にノベルゲームはスマホで作れるのか

作れます。

そもそも、ノベルゲームに必要なのはスマホやらパソコンやら、電子機器ばかりじゃないんですよ。

もちろん、お金も必要ですし時間も必要ですが、それ以上に必要なものもあります。

人が必要

まず、制作に携わる人がいないと、お話になりません。

あなたがノベルゲームを制作しようと思っているのであれば、また制作に携わる人間の1人です。

ジャム君のようにぼっちでも制作は一応できますが、人脈広く頭数が多いほうがお得と言えます。

アニメにもなった『冴えない彼女の育てかた』って知ってますか。
略して「冴えカノ」ってやつ。

あの主人公はゲームを作るために奮闘しているわけですが、スマホでゲームを作っているわけじゃありません。
むしろ、主人公はゲームの「制作」だけを見てしまうと足手まといであるかのよう。

だって、文章が書けるわけでも絵が描けるわけでもなし、目的のゲームのモデルになれるわけでもなし。
いいとこないでしょ。

万能だったら女子との接点もなく、ストーリーとして成り立たないってのもあるんですけど。

ただ!
ノベルゲームもそうですが、ゲーム制作は「制作」だけが仕事ではありません。

クリエイターの体調やスケジュール管理も仕事ですし、販促も仕事です。

本人たちの意思だけではどーにもならない部分をサポートしている、って役割を持っている人材なわけですね。

つまり、彼も立派に制作に携わる人間と言えるわけです。

時間が必要

ゲーム制作には、多大な時間が必要になります。

ジャム君が制作している「24時間の逃亡生活」だって、ノベルゲームの中じゃしょぼい部類ですし、文量もまだまだです。

しかも、直感的にゲームに仕上げやすいティラノビルダーを採用しているにも関わらず、さほどゲームの制作が進んでいません。

それほどまでに、時間を求められるのがゲーム制作です。

ただ、ノベルゲームはゲームの中でも比較的時間を求められないはずであるものですので、ちょっとした時間に進めつつ制作するのであればピッタリなジャンルと言えます。


スマホでのゲーム作りは意外と簡単

スマートフォンでゲーム制作をするには、「何か難しい操作をしてパソコンからソフトでも入れないといけないんじゃ?」と思うかもしれません。

ですが、意外と簡単に制作できてしまうのです!

ラノゲツクールを利用する

期待のアプリ、ラノゲツクールです。

ノベルゲームを制作できるアプリで、iOS/Androidともに対応しています。
Get it on Google Play

このソフトのいいところは、ソフトの公開までこれ一本でOKなところ。

もちろん、PC向けのソフトと比べてしまうと制約は大きいですが、携帯小説を投稿していたような方には最適とも言えるアプリです。

携帯小説が進化し、読みやすいよう絵や色も簡単につけられてしまう、というわけですね。

このアプリの底力は、やはりただ自己満足に書き溜めるだけでなく、スマホアプリながらゲームの公開までできてしまうところにあるでしょう。

もちろん、無料ですと広告が表示されたり、作品のアップロード数に制限があったりなど多くの作品を公開しようとする際には問題となりますが、少量なら問題なし!

ゲーム制作をスマホでやっていみたい方には大注目のアプリですね~。

公式サイト:ラノベツクール

メモ帳アプリ

デフォルトのものでも、お気に入りのものをダウンロードしてきても構いません。

このメモ帳は、シナリオを書き溜めてもいいですし、新しく思いついたネタを書き溜める癖をつけてもいい絶好のアプリです。

スマホを手放せない現代人ならではの使い方、なのかもしれませんね。

ただ、あまり長いシナリオをわざわざ時間を取って書き溜めてしまうのであれば、ラノゲツクールに直接書いていったり、パソコンを使うなり、効率化を図ったほうがいいかもしれません。

おわりに

どうです。
意外にもスマホでのノベルゲーム制作って、簡単でしょ?

スキルもなきゃゲームは完成しないって、今のジャム君が置かれているような状況にもなるんですが、環境を作るのはとっても簡単。

最低でも、普通はデフォで入っているメモ帳アプリがあれば、下準備はしていけるって状態ですからね。

下準備も大切な作業なので、侮るなかれ。
そんな話は、また今度!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました