サイトをSSL対応にしようか?ノベルゲーム制作をしながら難題に挑む

Lock other
この記事は約7分で読めます。

ここ最近、気温が全然上がりませんね。
このまま冬一直線なんでしょうか?

それならそれで、パソコンへのダメージが少なくなるので嬉しいのですが、体へのダメージが大きく困っているジャム君です。

今回は、現在開発中の「24時間の逃亡生活」の情報に加え、いま見ていただいているサイトのSSL化について考えてみます。

スポンサーリンク

SSLは超難題

このサイトは、WordPressという有名なものに、公開されている様々なプラグインというソフトを入れ使いやすいよう自分なりに工夫しながら構築しています。

まだまだ構築途中であるため、完全体セル(爆)なわけでないのが残念なのですが、体裁は整ってきています。

あ、多分この記事が公開されるころにはまだ、グーグル先生で検索しても、まともにヒットしないと思われるほど弱小サイトです。

SSLが重要なわけ

そんな弱小サイトであっても、SSLと呼ばれる暗号化通信の技術をサイトに取り入れるのは重要視されてきています。

パソコンでサイトを見ている方なんかは特に、ブラウザの左上に鍵マークの付いているサイトと、それがない今のジャム君のノベルゲーム開発所みたいなサイトと分かれていませんか?

大企業、それもクレジットカードの情報を扱うサイトは特になのですが、SSLに対応していない(鍵マークが出ていない)サイトはほぼありません。

もしあったのならば、そんなサイトでお買い物はやめましょう。
情報が筒抜けになってしまいます。

もちろん、SSLを利用したからと言って、万能ということもありませんよ?

利用者側が既に何らかのウイルスやトロイの木馬に感染していて、情報が筒抜け状態なら意味がありません。

ただ、多くの利用者にとってサイトはSSLに対応していたほうがより安心、ってことなんですよね。


個人サイトでSSLは必要か

このノベルゲーム開発所みたいな個人サイトでもSSL化が必要なのか、というのは意見が分かれます。

Lock

「やっても大した効果はない」
というような意見と、
「SEO的に若干有利」
などという意見。

また、今は有料のものも当然ありますが、無料でSSL化できるものも増えてきています。

若干認証の手続きが面倒だったり、運営しているサーバーへの設定がより面倒だったりするんですけどね。

ジャム君は昔から、さくらインターネットのサーバーを借りていたためエックスサーバー系列は借りていないのですが、そちらでは比較的簡単に無料でSSL化ができてしまいます。

PV数が増えてきて、負荷もかかってくるようならば、移転も視野に入れる感じですかね。

それまでは、クラウドだなんだとスマホが一般化する前から借りていたさくらで、外部保存領域として借りていた場所を使い続けます(笑)

で。そんな適当な運営をしているジャム君みたいな個人のサイトですが、後々のことを考えればSSLは対応させておくべきと考えます。

安心感が出る、というのもありますが、いつ何時ブラウザがSSL非対応のサイトにはワンステップ置かないとアクセス制限かけ続けられちゃうかわからないんですよ。

SSLに対応させてもSEOへの効果なんてのは正直微妙らしいですし、このノベルゲームの話をしているサイトにSEO効果を十分に求めてやってくるユーザーなんていないでしょ?

だったら、PVが少なくサイトが一時停止していてもあまり影響がない時期に、SSLに対応させてしまうのが賢いんじゃないかとジャム君は思うわけですね。

大手になってから、バンバンアクセスもあるのに、作業のために急にアクセスができなくなっちゃうなんて、非常に困ります。

ただ…導入が楽な有料のSSLって、安いものを選んでも利益ゼロから見るとお高いんですよね。

むしろ、サーバー代と独自ドメイン代を負担し続けているだけ、赤字続きっていうね・・・。

じゃあどうしてSSL化するのか

無料のものもあるけど、金がかかることもあるのになぜSSL化するのか?

それは、先日Gumroadのシステムを使って販売用のテストを行ったことにあります。

あ!!
そのページにも書いてありますけど、無料で配布したデータと変わらないので、よほどの物好きじゃない限りあれは買わないでくださいね?

で、そのGumroadで購入をする際には、クレジットカードの情報を入力するんですね。

そのデータをジャム君が平文で受け取ることはありませんし、Gumroad側で処理されてはいるのですが、SSL化していないサイトでそういう情報を入力するのは怖いと思います。

もちろん、Gumroadのサイトに飛ばす設定にして、そちらのSSL状態になっているサイト上で購入手続きをしてもらうことも可能ですが、そうするとこのサイトの元いたページに戻りにくい!

将来的には、基本無料だけどよかったら購入手続きしてね。
代わりにこんなサービスつけるよ!

みたいな扱いにするか、体験版リリースで完全版はどこかから買ってね、というスタイルどちらかですかね。

たぶん前者になると思いますけど、まだわかりません。

いずれにせよ、このサイトをSSL化しておいて損があるとすれば、有料のSSLサービスを利用して全然PVがない、そもそもゲームが完成しない、なーんて一番悲しい状態の時ですかね。

スポンサーリンク

サイトもいいけど24時間の逃亡生活の開発状況は?

いやいや。
サイトの設定とか興味ないから!

メインのノベルゲームの制作はどうなってんのよ?

そんなことを言われると、やや困ってしまいます。

本業があったという言い訳もありますが、まだ第三章を進めているところです。

一度、第二章の一部を誤って消して上書きしてしまったのを修正していた時間もあり、気力も削られた、というトラブルも原因ですかね。

そんなトラブルがあったので、それからは最低限の被害で済むよう、そこそこ作業が進むたびにデータのバックアップは取っています。

OneDrive for Business上にも置いてあるので、完全消失の危険性は低いでしょう。
たぶんね。

ほぼ同等のブラウザ版も公開させていただきましたが、体験版プレイしてくれましたか?

第二章の中身はまだ秘密ではありますが、サクサクペースで遊べるゲームであるとだけは言っておきましょうか。

ただし!
体験版にもありましたが、選択しを間違えるとバッドエンドで、やり直しルートは今後も出てくるはずです。

セーブさせない、セーブを消す、なんて強制イベントも発生させるかもしれませんし、油断は大敵ですよ。

既にPC版をダウンロードされた方はお気づきかもしれませんが、スキップモードはあえてオフにしてあります。
読んでもらえないと悲しいですからね。

クリック面倒なので、オートボタンはつけてもいいかな、とは思ってたり思ってなかったり。

自分でテストすると、そんなボタンがなくてもオートで読めるので、テスト中は画面を見ながら寝っ転がっていても、選択肢までは比較的まったりなんですけどね。

もちろん、変な動きをしていないか確かめるために、その機能を使うわけですけど。

ぼっち作業を廃止するかも?

開発状況としては、まだまだ今回の疑念編完結までも先が長そうなのですが…
ぼっち作業を辞めるかもしれません。

シナリオやティラノビルダーでの作業やら基本的なことはジャム君がやるつもりですが、とりあえず1作品目となる疑念編完結としてリリース前には動作確認してるれる方を募集するかもしれないです。

もちろん先にゲームができますし、エンドロールに名前が入るといった特典もつきます!

え? そのゲームに名前が入っても嬉しくない?
そりゃ、ごもっともなご意見で!!

ただ、2作品目からも、いま使わせてもらっている立ち絵や背景など、多くは使い回しで構成できるゲームを考えているので、イラストレーターさんを募集するとしたら先の話になりますね。

使わせてもらっている素材サイトさんが、揃って利用NGにされるようですと、急いで参加してくれる方を募集するかもしれないです。
それはたぶんないと思います、ないと思いたいです!

サイト閉鎖や、単品で配布停止はあるかもしれませんが、ジャム君が利用規約に違反しそれに対し修正を施さないなんてことをしない限り、NGにはされないと思います。

確かに遠回しな表現はありますが、子どもでもできるゲーム設定ですからね。
基本、商用もOKなものを選んできていますよ。

クレジット記載が必要ない場合であっても、エンドロールでは配布元の紹介をしたいと思っています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました