EWWW Image Optimizer Cloudは何が変わったのか?違いを解説!

EWWW Image Optimizer Cloud 設定 英語ソフトウェア関連
この記事は約6分で読めます。

EWWW Image OptimizerというWordPressのプラグインは有名ですが、プラグイン検索をするとEWWW Image Optimizer Cloudと名前のついたプラグインも検索結果に出てくるでしょう。

両者とも画像を圧縮して公開できるという基本機能に差はないのですが、それではどこに差があるのか。

EWWW Image Optimizer Cloudをわざわざ使う理由があるのか、それとも使う意味はないのか、両者の違いを解説します。

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerとの差

EWWW Image Optimizer CloudEWWW Image Optimizerは、開発元は同じです。

そのため圧縮効率も変わらず、操作も今までと何ら変わることはありません。

ただ少し違うところと言うと、まず最初に目につくのは、設定画面が英語なことでしょうか。

EWWW Image Optimizer Cloud 設定 英語

しかしこれは日本語化が進んでいないだけであり、いずれはEWWW Image Optimizerと同じく日本語化もされると予想されます。

また以前からEWWW Image Optimizerを使っているのであれば設定は引き継がれるため、設定画面が英語になったところで、大きな不便を感じることはないでしょう。

EWWW Image Optimizerと同時に利用はできない

EWWW Image Optimizer CloudとEWWW Image Optimizerは、同時に利用することができません。

どちらか一方しか利用できないため、プラグインの一覧からどちらか一方をオフにしないと、思ったとおりの動作をしてくれなくなってしまう点に注意が必要です。

画面上部にエラー表示が出ていますので、WordPress初心者でも気づくはずです。

エラー表示も英語ですが、「同時に利用できないのでどっちかオフにしてね!」と言われているだけです。

EWWW Image Optimizer Cloudを使うのであれば、EWWW Image Optimizerをいったん無効化してください。

EWWW Image Optimizerと違ってAPIキーが必須

EWWW Image OptimizerはAPIキーが空でも利用できる、完全に無料でも利用できるプラグインでしたが、EWWW Image Optimizer CloudはAPIキーが必須になります。

これも英字で表示が出るのですが、仮にAPIキーを空の状態で利用しようとすると購入を促されてしまいます。

それでもなお設定の保存や圧縮の実行開始をさせることだけは可能なのですが、設定の保存はされても圧縮が実行完了されず、無圧縮状態に陥ります。

EWWW Image Optimizerの有料圧縮を無料で使う方法【2019】知って得するプラグインマスターへの道
EWWW Image Optimizerと言えば、2019年になってもTinyPNG(Compress JPEG & PNG images)と争う画像圧縮のWordPressプラグインです。 この2つのプラグインは大変人気がありますが...

ただし以前紹介していたAPIキーを無料で入手する方法がありますので、有料圧縮の恩恵も受けつつ、さらに便利に利用が可能になっているのがEWWW Image Optimizer Cloudと言えるでしょう。

EWWW Image Optimizerよりもサーバーに低負荷

EWWW Image Optimizer CloudはEWWW Image Optimizerよりもサーバーに低負荷であり、設定を変更しないと利用ができないwpXクラウドでも利用が可能になります。

これは大きいんじゃないでしょうか。

wpXクラウドは月額500円から利用できるクラウドサーバーですし、利用している方も多いハズ。

その理由は、EWWW Image Optimizer Cloudの説明にも書かれています。

Using the EWWW I.O. API will allow the plugin to work on any hosting platform, and can also be desirable if you cannot, or do not want to use the exec() function on your server, or prefer to offload the resource demands of optimization.

引用:EWWW Image Optimizer Cloud

exec関数を使わないのでより多くの環境で使える上に、サーバーへの負荷が軽減されているわけですね。

専有サーバーならばあまり関係ありませんが、多くの方が共有サーバーを使うことになるはずですので、こういった気遣いは嬉しい限りです。

CPUのリソースを使いすぎて制限をかけられたら目も当てられませんし、負荷がかかりすぎ圧縮中に閲覧に来た方の読み込みが遅くなりすぎていたら、読まずに帰られてしまうかもしれません。

EWWW Image Optimizer CloudならばAPIキーが必須になる代わりに、ここまでの便利機能を備えているのです。


EWWW Image Optimizer CloudとEWWW Image Optimizer使うならどっち?

今からWordPressでサイトを立ち上げる方でも、今までEWWW Image Optimizerを使っていた方でも、ジャム君おすすめなのは断然EWWW Image Optimizer Cloudです!

英語にどうしても馴染むことができない、負荷は大して気にしないというのであればEWWW Image Optimizerでもいいかもしれませんが、そうでないならばEWWW Image Optimizer Cloudが圧倒的に有利。

ただ圧縮にEWWW Image Optimizerより若干ではありますが時間がかかるようになっているため、大量の画像を処理しなければならないようなサイトなのであれば、EWWW Image Optimizer Cloudだとより多くの時間がかかり、うんざりしてしまうかもしれませんね。

exec関数を使わない処理のためサーバーに負荷をかけにくい分、時間がややかかってしまうと考えれば、TinyPNG(Compress JPEG & PNG images)と動作に大差はありません。

むしろ先ほども紹介した裏ワザが使えるEWWW Image Optimizer Cloudのほうが、使い勝手は上でしょう。


さいごに

EWWW Image Optimizer CloudはEWWW Image Optimizerに比べ、負荷という観点でも使えるサーバーという観点でも大きな進化を遂げました。

まあ代わりにAPIキーを要求されるのですが。

EWWW Image Optimizer Cloudが本当に気に入ったら、紹介した裏ワザを使わずにAPIキーを購入していってください。

イマイチだと思ったら、無料で使えるEWWW Image Optimizerに戻してもいいのではないでしょうか。

最低でもAPIキーは、EWWW Image Optimizer導入時に1サイト500枚分のクレジットが手に入りますので、お試しすることは可能になっていますからね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました