Photoshopが最強?イラストの管理や編集にフォトショ推奨の3つの理由

Photoshop software
この記事は約4分で読めます。

Adobe製品好きなジャム君です、こんにちは。

さてさて、イラストや画像の管理や編集ができるソフトはフォトショ以外にも、フリーであり無料でも使えちゃう素晴らしいソフトまで多種多様にあります。

ですが、ジャム君が一押しなのはやはりPhotoshopですね。

有料ではありますが、それだけの価値はあるソフトと思っています。

今回は、どうしてフォトショを推奨するのか、そんな理由を3つ紹介しますね!

スポンサーリンク

Photoshopはプロでも使える多機能ソフト

Photoshopは、さすがと言いますか、プロの編集でも使うことのできる機能を有しています。

個人としてもよく使われてるのは、修復ブラシ系統ですね。

修復ブラシでは、写真に写り込んでしまった余計なものを、周囲に同化させて消してしまう、ということを簡単に行ってくれる機能です。

まあ注意点としては、いくらPhotoshopでこの機能を使っても、設定そのままじゃ違和感の残る消え方になることは多々あります。

そのため数値を調整するわけですが、調整したとしても、大まかに消そうとしていてはデフォルトより違和感は減っていても違和感が残ることは当然あります。

フォトショも万能ではない、ということになりますが、それは大まか」な作業だからいけないのです。

消したい部分をより細く設定したり、修復しやすいよう先に物体を削ってしまったり、試行錯誤すればかなりの高精度でいらないものをスムーズに消すことができます。

写真だけでなくイラストにも使うことができるため、一部のパーツを消し忘れて画像にして保存してしまった。元の画像はもうない!

そんな時にも、使うことができる便利機能を備えています。


PSDファイルを正常に開ける

もちろんバージョンが違いすぎる(特に自分が低い場合)というのは問題ありですが、Photoshopの作業を保存しておくものとしてPSDファイルをしっかりと開くことができます。

当然、レイヤーやフォルダ分けも保持されたままで、色が変わってしまう心配もありません。

このPSDファイルは、イラストレーターさんがよく使うSAICLIP STUDIOなどでも開くことはできるのですが、色が変わってしまったり設定が保持されないこともあるため、PSDファイルを開くソフトとしては推奨できません

そもそも、それらのソフトって「イラストを描くこと」をメインとしたソフトであり、編集をメインとしたソフトではないでしょう?

Photoshopと似たようなことをすることもできますが、比べてしまうとやはり専用ソフトとは違いますので劣ってしまいます。

まあ、フォトショをイラストを描くツールとして使うこともできますけどね。

ジャムくんに絵心があるなら(ないですけど)、Illustratorでイラストは描きますかねぇ。

後々、拡大が必要になろうとも、イラレで処理をしておけば安心度は高いですからね!

PSDファイルが正常に開けるということは、正常なイラストの管理が行える、ということに直結するのです。

Photoshop実は高くない?

Adobe製品であるPhotoshopですが、「高いんじゃないの」というのが正直なところ。

Photoshop

実際、Adobeのすべての製品を使えるプランだと、一般の割引なしの状態で月額4,980円もかかります。

ただ、フォトショには特別にPhotoshopやLightroomが付属しているプランがあるので、月額980円です。

公式サイト Photoshop

年間12,000円くらいですね。

単体の方が高いPhotoshopを購入するのと何が違うのかというと、Typekit全機能が使えるかがメインです。

Typekitは、AdobeがAdobe製品上で利用可能とさせるフォント群です。

日本語向けのフォントも、しっかり用意されていますよ。

代わり映えのしないデフォルトのフォントとはオサラバできる、ってわけですね。

スポンサーリンク

まとめ

月額980円から利用できるPhotoshopですが、イラストや画像編集をするならば使っていて損はないソフトの一つです。

お金がかかるので、フリーソフトや既に利用している似たような機能のソフトで代用したい、という気持ちもわかりますが、専門的なソフトにはかなわない部分も多いですね。

同じ処理を何度も行わせるだけならば、バッチ処理と呼ばれる自動化が備わっていますので、設定さえしてしまえば後は勝手にスタートできるようになります。

便利機能満載で、イラストの管理や編集にも最適なソフトですので、先行投資する気分で導入してみるのもありだと思いますよ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました